-新ど研- 新どさんこ研究所

REPORT 調査結果

01

新どさんこレポート vol.01

北海道民の地元意識

新どさんこレポート vol.1 北海道民の地元意識

道民は北海道の大ファン。
特に女性や若者の郷土愛が深く10年後の魅力的な姿をイメージ。
大好きな北海道の個性を伸ばし、価値を高めて行く一歩先の新どさんこの姿が見えてきました。

今回のレポートでは、北海道民の住む北海道についての意識をご紹介します。
北海道民は自らが住む北海道のファンであり、他人にも勧められる土地だと思っています。
ずっと住み続けたいとも感じているようです。
また、北海道に対して「ゆったりとした」「自由な」「親しみやすい」イメージをもつようです。
日本国内だけでなく、海外からの人気・ファンの存在も嬉しく感じています。
北海道のブランドパワーについては、北海道には他の都府県とは違う明確な「個性」や「らしさ」があり、日本におけるユニークな存在だと思っている人が多くいるようです。
「歴史や伝統」を感じている人については少ないものの、北海道に「将来性」を感じており、「10年後の魅力的な姿がイメージできる」、将来も住み続けたい気持ちを持っている人が多くなっています。
高評価は、北海道民の34歳以下と女性に多い傾向があります。

 


 

詳細は、PDFをご覧ください。

印刷物を開く【PDF】

PAGETOP