-新ど研- 新どさんこ研究所

REPORT 調査結果

07

新どさんこレポート vol.07

北海道民の旅行・交通に関する意識

新どさんこレポート vol.7 北海道民の旅行・交通に関する意識

道民は、気軽な道内のショートトリップ好き。北海道新幹線や空港民営化については様子見で、道内よりも道外からの期待が高い。
今回のレポートでは、道民の〝旅行・交通”についての意識をご紹介します。
 
新どさんこ研究所の調査の結果、道民の旅行・交通意識を調べた結果、道民は道外よりも道内1泊2日や日帰りのショートトリップが好きなことがわかりました。
宿泊を伴う道内旅行の目的は、【魅力的な温泉】が33.3%で、道外旅行目的(13.1%)を大きく上回っています。
また、【良い宿・ホテル】や【食・特産品への興味】についても道内旅行が道外旅行よりも高い数値となっています。
背景として、自家用車を使い1回あたりの移動費用を抑えていることなどがありそうです。
そのためか、公共交通の北海道新幹線や空港民営化への期待は低い傾向です。
自ら動く“自走派意識”があるのではないでしょうか。


 

詳細は、PDFをご覧ください。

印刷物を開く【PDF】

PAGETOP