CONTACT お問合せ

-新ど研- 新どさんこ研究所

REPORT 調査結果

11

新どさんこレポート vol.11

コロナ禍における北海道民の生活意識

新どさんこレポート vol.11 コロナ禍における北海道民の生活意識

北海道民の “新しい生活様式” への理解度は高め。 第三波への不安も経済停滞への不安も 9 割。 終息予測時期は、1年以上先が 7 割と長期戦も覚悟の様子。

今回のレポートでは、長期化する新型コロナウイルス感染の影響下において、道民がどのような意識で向き合っているかを、5月下旬に独自調査しました。

その結果、北海道の緊急事態が解除された中で、第2波・第3波への不安と経済停滞への不安を 同時に抱えながら、解除以降も現状の生活を道民の65%が続けたいという意識が確認できました。 新しい生活様式へ向けて着実に行動している道民の姿が浮彫となりました。


詳細は、PDFをご覧ください。

印刷物を開く【PDF】

PAGETOP