CONTACT お問合せ

-新ど研- 新どさんこ研究所

REPORT 調査結果

13

新どさんこレポート vol.13

北海道民のSDGs意識

新どさんこレポート vol.13 北海道民のSDGs意識

北海道のSDGsネイティブ世代に期待。
これからは世代を超えて関心から取り組みへと
“自分ごと化”が求められる時代へ。

 

今回のレポートでは、年々高まりを見せているSDGsをテーマに取り上げています(調査は2020年12月に実施)。

2018年調査からの経年変化を見ながら、北海道と北海道外エリアとの比較、そして北海道内での各エリアの比較を通して、北海道民のSDGs意識を分析しています。

 

分析の結果、北海道民のSDGs認知度は2018年調査時から約2.5倍に伸長しており、道内でのSDGsの認知度は大きく拡大しています。

また、男女20代のSDGsネイティブ世代の方たちのSDGs意識が突出している一方で、経営・管理者層に多い50・60代での意識スコアは低く、世代間のギャップが見られる結果になりました。

関心のあるSDGsの項目と、取り組みたいと思うSDGsの項目にもギャップがあり、今後の課題は”自分ごと化”にあると言えるかもしれません。

 

印刷物を開く【PDF】

PAGETOP